他人に...

フジテレビの亀山社長が退任されて
早速週刊誌は悪口を書いているけども。。。

こういう記事を見るといつも思う事がある。

まず前提条件として、僕は亀山社長の事は何も知らないし、
フジテレビに対してもアンチだとかそんな感情は全くない。
また、応援していたという訳でもない。

この条件で投稿します。

志半ばで退任されると、悪口記事って必ず出回って
それを読んだ読者も鵜呑みにして、攻撃しまくるけど

じゃあ、あなたたちはあれほどの重責を背負うという
チャレンジをした事があるのか?
と言いたい。

というか、フジテレビほどの企業の社長にいっときでもなれるって
それだけで相当のものでしょう?

誰もがなれる訳ではない。

しかもなったらなったで、あれほど世間に影響力がある企業の
トップとなれば
公私共に下手な事ができない訳です。

居酒屋で酒を飲んで、愚痴をこぼすなんて
できないんですよ。

それを失敗だのと何だのと書かれている
週刊誌の記事を鵜呑みにして、一緒になって
攻撃するとか、何なんだろうって思いますよ。

そもそも
他人にフォーカスしている場合じゃないんですよ。

自分自身はどうなんだ?
とまずは問うべき。

難しい表現は抜きにして書くと
どれだけ世の中に対して役に立ってるのか?

どれだけ必要とされているのか?

自らの価値を問うべきです。

こう書いている僕も
当然ですが、まだまだです。

胃に穴が開くような重責を背負った事もないし
世に対しての影響力もない。

何回か書いていますが、僕は友達づきあい、恋人
そういったものを全て絶っています。
(たった一人の師はいます。)

その時間を自分の成長に費やしたいからです。

人脈が人を成長させると言いますが
それを活かすだけの自分になっているのが
大前提なんです。

まずは一人で己を鍛える事から始める。
そうやって再起をはかっています。

そうやってやっていくうちに
他人の事なんてどーでもよくなってきます。

肝心なのは自分。
自分がどうあるべきか?
どう成長していくか?

それだけを考えています。

孤独って本当に良い環境ですよ?
なーんにもしがらみがありません。

自由に考えて、自由に発言できる。

こんなに素晴らしい環境はないです。

ちょっとまとまりが無くなってきましたが
亀山社長、ひとまずお疲れ様でございました。

 

f:id:tomohisa_investor:20170521010153j:image

取って食われる情報弱者にならないために

こんばんは。

執筆が少し遅くなってしまいました。

 

最近、営業代行みたいな感じで有名ディスカウントストアに

次世代家電を次々に投入しておりまして、

企業秘密とかもあるので詳しくは書けないのですが、おかげさまで

忙しくさせて頂いてます。

 

こういう活動をして、いろんな納入業者がひしめき合う中で感じる事。

それは、情報って本当に大事だな、と。

 

営業の場合、相手が求めている物、つまりニーズをいち早く知り、

それをいかに早く提供できるか。

それが成約を高める鍵になったりします。

 

要は先を越されちゃいけないんです。

スピード勝負ですね、本当に。

 

さて、前置きが長くなっちゃいましたが

本題です。

 

取って食われる情報弱者にならない為に

僕やあなたはどうあるべきか?そして、どうするべきか?

その答えをお教えしようと思います。

 

多分なんですけど、これをいち早く読んでくださっている方は

「ネットビジネス」というキーワードで僕と繋がってくださっている方が

殆どなのではないかと思います。

 

僕は4年ほど前にネットビジネスを知りました。

ちょうど与沢翼さんが「秒速一億円」と言っていた時代です。

 

ま、いっか、こういう前置きは

あまり書きすぎると前置きだらけになっちゃいますからね(笑)

 

ネットビジネスという括りの中って二種類の人がいるんです。

それは、

「仕掛ける側」と

「仕掛けられる側」

この二つだけです。

マジで。

 

で、なんか常識外れに稼げる理由がここにあって、

それは、仕掛ける側の人数が本当に少ないって事。

それに対しての仕掛けられる側の人数、つまりマーケットが

まだまだアングラ感はあれど、半端じゃなく大きいんです。

 

この構図を言い換えると、

「情報強者」が

情報弱者」をマーケットにして

お金を稼いでいる、という風になります。

 

だけど、今朝も書きましたが、情報強者を詐欺だなんだのと

批判したいわけじゃないんです。

結果を出せないのは、情報の受け手にも問題があるわけで、、

 

じゃあ、情報弱者として食われ続けるのを

どうやって抜け出したら良いか?

 

それは単純な事です。

よーく考えてみてください、本当に単純です。

 

それは、仕掛ける側、つまり情報強者になればいいんです。

 

それも難しいことではなくて、仕掛けられる側より

ほんのちょっぴり情報量を多く持ち合わせるだけの話です。

 

ワンクリックで稼ごうなんて物に変な夢を見続けるのは

単純に持ち合わせている情報量が少ないからなんです。

 

ぼーっとしてないで、もっともっと勉強しろよ、と

そういう単純な事なんですよね。

 

そしてほんのちょっぴり情報強者になったら

発信をしましょう。

つまり名乗りをあげるんです。

 

あなたという存在を知ってもらう。

その手段としてSNSがあるわけです。

 

そうやって学習した事を発信していけば

自然と人は集まってきますよ。

 

その集まってきた方達がマーケットなわけです。

ちょっと機械的な表現の仕方ではありますが、そのマーケットとも

誠実に向き合わないとダメですね、これは当然です。

 

スーパーで買った牛乳が腐ってたら、ムカつきますよね?

二度とその店には行きませんよね?

 

つまりそういう事です。

 

ちょっと長くなっちゃたんで一言で答えを言っちゃいますね。

「情報強者に取って食われたくなければ、自分が情報強者になって

そして発信をして自分のマーケットを作れば良い。」

本当にこれだけすね。

 

わからない事とか感想とか

コメントでもLINEでも、遠慮なくぶつけてくださいね^^

 

では、今回の記事が参考になる事を祈って。

今回もありがとうございました。

 

 

能力を有する者には....

昨夜から胃が痛み出しまして

一夜明けても少し痛い...

ちょっと働きすぎたかな。

 

ところで、今日とある方とメッセージのやり取りを

していて思い出した事があります。

 

それは僕の大好きな一節です。

 

あなたは、白い巨塔という作品を

ご存知でしょうか?

 

母親思いの地方出身の外科医である

財前五郎が、医科大学で上を目指し続けるが

最後は自らガン専門医でありながら、早期発見できず、命を落としてしまうという話しです。

(ちょっとカンタンに書きすぎかな。。

実際はもっと壮絶な話しです。)

 

彼の死後、ライバルであり、盟友の里見に宛てた

手紙が見つかります。

 

その手紙で、この物語の最後が締めくくられています。

 

その最後の一節が

「能力を有する者には、それを行使する義務がある。」

という物です。

 

僕はこの一節に感銘を受けました。

 

人にはそれぞれ、先天的にしろ、後天的にしろ

能力を有しています。

 

その能力を世に発信し、それが人類の知恵となり

それらが結集して、この世界が成り立っています。

 

あなたもこの世界を作り上げる物語で

役割というものを与えられているのです。

 

人はいつか死にます。

生を受けているその間に、是非あなたの能力を

行使し、世界に発信をしてください。

 

それがもっともっと、素晴らしい世の中を

作り上げていく事につながります。

 

そこに遠慮は必要ありません。

 

行使する事は義務なのです。

 

f:id:tomohisa_investor:20170426151957j:image

というわけで開設しました。

こんにちは。

村上知久です。

mixiで期間限定にて日記をアップしておりました。

ここで初めましてのみなさんもいらっしゃると

思います。

考えてみると、mixiは僕の20代の記録でも

あります。

 

夢を追って上京し

ありがたい事に僕の人生に寄り添ってくださり

一緒の時間をすごしてくれている人もいました。

 

ずっと僕は夢を追っていると思っていました。

ですが、全てを失いました。

 

忘却、失意、そんな事も自覚せぬまま

何も残らなかった30代を歩み始めてしまって

いたのです。

 

言わずもがな、原因の全ては僕にあります。

ここで告白しますが、

僕は生活も、異性関係も、お金も

全てにおいてだらしがなかった。

 

外的要因は全く関係なく

自分自身で全てを失う理由を作り上げて

しまっていたのです。

 

正直、こういうことを書いて

何かしらの媒体に残すという事は

勇気が要ります。

 

実際にお会いしている方もいるし

家族の目にも触れる可能性だって

もちろんあります。

 

僕の尊敬しているASKAさんほどの

影響はもちろんありません。

僕はちっぽけな人間です。

そんなちっぽけな人間が自分の闇を

公表したところで、何が起きるわけでもありません。

 

ですが、その影響もゼロではないのです。

 

でも、失なった僕が今できる事といえば

発信しかないです。

 

安心して頂きたいのは

暗い事ばかりを書いて、共感して頂きたいわけではなく、猛省するべき事はきちんと正した上で

再起はできるという、つまりは明るいメッセージを

僕は書いていきたいと思っています。

 

僕は夢を諦めたわけではありません。

この先にやりたいことを見据えています。

 

「夢は見るものではなく、持つもの。

それを持ったならば、己が力で追うべし。

全ては自分しだい。」

 

僕はこういう風に思っていて

そして、あなたにも伝えたいです。

 

僕のメッセージにどうかお付き合いください。

肯定的、否定、何でも受け入れます。

 

あなたとここで繋がれる事を

本当に嬉しく思います。

 

f:id:tomohisa_investor:20170423115217j:image